MENU

保険を考えるタイミング

保険を考えるタイミングについてですが、保険に入る場合には、保険を考えるタイミングというものが人生の中にはあると思います。例えば家族のために保険を入ろうと思っている場合には、一家の大黒柱が何かあった場合に、残された人が生活していくためのお金を保険で保障しますから死亡保険が必要になってきます。結婚して家族が出来た男性の場合は一家の大黒柱として自分が死んだ場合の事を考えて保険を考える必要があると思います。また出産して子供が生まれた場合も、今までの保険内容でいいのか保険内容の見直しが必要になってくると思います。子供が小さいうちは保険での補償額を上げておく必要がありますが、子供が成人して、また夫婦二人だけになったときなどには保険金を下げておけばいいと思います。

 

このように保険を考えるタイミングというのは人生の中でいくつもあると思います。自分の家のライフプランにあわせて自分が入る保険、家族が入る保険などを考えてそのライフプランにそった保険金の額を設定して保険に加入するのが賢い保険の入り方です。必要もないのに、保険を沢山かければいいというわけではありませんから自分達の必要な時期に必要なお金が入るかどうかを考えて保険を考えましょう。

公的介護保険について

公的介護保険について紹介したいと思います。公的介護保険というのはどのような保険なのかというと、40歳以上の人は必ず加入しなければならないことになっている公的な保険の事です。40歳から64歳までの人は、健康保険料と一緒に介護保険料の支払いをすることになりますし、65歳以上の人は公的年金からこの介護保険料が天引きされることになります。公的介護保険が 受けられる人というのは認められた人だけに限られています。

 

例えば要介護状態に当たる人の受けられる施設やサービスも決まっていますし借りることの出来る物なども決まっているのです。公的介護保険の場合はサービスの提供のみになりますから実際には認められている介護サービスだけでは不足しがちだといわれています。こうなる前に、生命保険会社の介護保険に加入しておくことが大切です。生命保険会社の介護保険の場合は公的介護保険のサービスと違って、保険金が給付されますから、お金をもらうことができます。介護をする人が仕事をやめなくてはならなくなったときなどに収入が減ってしまったりしても生命保険会社の介護保険があれば安心ですが公的介護保険だけだと一銭もお金は支払われませんからサービスだけを受けることになります。

外資系保険会社

保険会社というのは今までだと日本の会社が多かったのですが最近では生命保険業界に外資系の保険会社が入ってきました。しかも日本のバブル時代に外資系が参入してきて保険を沢山売ったのですがその頃の外資系の保険会社は今では影もありません。今はまた別の外資系の保険会社が根付いています。外資系の保険会社というのは日本の保険会社の保険に比べると保険料が安い場合が多いのですが、なぜ外資系の保険の料金が安いのかというと、配当金という制度が外資系の保険会社にはないからだといわれています。保険の配当金というのは、保険会社が加入者から集めたお金が保険金として使われなかった場合には、保険金が余ってくると思います。それを、契約している人に配当金として支払うのが日本の保険では一般的です。

 

しかし外資系の保険の場合には、どんなに利益が出ても、保険の配当金はありません。ですから保険の配当金がない分、保険料自体を安くしているので、外資系の保険会社の保険料が安いのです。外資系の保険会社で有名なところではアリコジャパンやプルデンシャル生命、チューリッヒなど今の日本では外資系の保険会社の方が加入しているシェアが多くなっている商品もあります。